夏休み5日間短縮 板橋区立の全小中学校 /東京板橋区

東京都高校入試情報>東京都高校偏差値>東京都高校受験最新ニュース

夏休み5日間短縮 板橋区立の全小中学校 /東京板橋区

「ゆとり教育」の見直しを掲げる文部科学省の学習指導要領の改定を受け、板橋区教育委員会は十一日、二〇〇九年度から区立全小中学校の夏休みを五日間短縮することを明らかにした。改定に伴い増加する授業時間数を確保するのが狙い。

 二十三区内では新宿や豊島のように、学校五日制で減った授業時間の確保などから、すでに独自に夏休み短縮に踏み切っている一部自治体もある。

 今年一月の中央教育審議会答申を受け、文科省が三月に示した新学習指導要領では、小中学校の授業時間が再編され、授業時間も教える内容も増える。文科省の示す標準授業時間は、小学六年生の場合、現行の年間九百四十五時間から、三十五時間増の同九百八十時間になる。

 板橋区教委は、授業時間確保のため、土曜授業の復活や七時限授業なども検討したが、児童生徒の学習効果や教員への負担を考慮し、夏休みの短縮をすることに決めた。

 現在、同区の小中学校の夏休みは七月二十一日から八月三十一日だが、区教委は最後の五日間を切り上げて、増える三十五時間分の授業にあてるという。

 一方、二年前から夏休みを七日間短縮している新宿区教委は「新しい学習指導要領により、さらに授業時間を確保しなければならないかは現在検討中だ」としている。 (中沢誠)
(東京新聞 2008年4月12日)
東京都板橋区教育委員会は十一日、2009年度から板橋区立全小中学校の夏休みを5日間短縮することを発表しました。

「夏休みが短くなってしまうなんて!!  どうして?」と納得できない人もいることでしょうね?

ゆとり教育の弊害から、文部科学省が打ち出した新学習指導要領に基ずいて全国の小・中・高等学校でで授業時間の延長問題が検討されてされています。
そんな中で、板橋区教育委員会は夏休みを7日間短くするという方針を打ち出しました。

詳細は、『東京都板橋区教育委員会ホームページ』『東京都教育委員会ホームページ』に記載されていません。

みなさんhは、今回の板橋区や新宿区の方針をどう考えますか?

学習指導要領の内容は、「文部科学省学習指導要領」で確認してください。

新学期がスタートし、2009年度の高校入試の幕が開きました。
スケジュールをしっかり組んで、志望校合格目指して頑張ってください。10か月なんかあっという間です。
時々「東京都高校偏差値」をのぞいてみてくださいね。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。